お知らせ

毎日新聞・大船渡の仮設商店街「えんがわ」3・11から1年7ケ月

投稿日:2012年10月30日

昨年3月11日の東日本大震災による大津波により大きな被害を受けた岩手県大船渡市。

市内では340人がなくなり、81人の行方がいまだ分からないそうです。

大船渡は弊社社長の高橋英與が子ども時代を過ごした街。そして、今も、母と妹が暮らしています。

駅の近くにある仮設商店街「大船渡屋台村」で、母の高橋コウさんと妹の恵美さんが家庭料理の店「縁側」を開いています。苦境のなかにありながら、支えあい、笑いあいながら前向きに生きる様子が「毎日新聞」に取り上げられました。ぜひご覧ください。

上記記事ページを大きく見たいかたは こちらをクリック

上記記事ページを大きく見たい方は こちらをクリック

-お知らせ

関連記事

5月28日(日)に「わっぱの会」がンポジウム開催、 ゆいま~る大曽根との新事業に向けて「地域で共に生きる」を考える

ゆいま~る大曽根1階のコミュニティスペースを運営する「わっぱの会」が、5月28日(日)に『「地域で共に生きる」シンポジウム-大曽根新事業に向けて』と題したシンポジウムを開催します。 *わっぱの会のコミ …

no image

ゆいま~る厚沢部開設準備室0800-800-1767

「ゆいま~る厚沢部開設準備室」がオープンしました。来年の5月のオープンに向けて、地域に根ざした形できめ細やかなサポートをしていきます。ご意見、ご相談やご質問など、お気軽にお問合せください。北海道の中の …

no image

ゆいま~る高島平に取材が入りました!

4月7日、ゆいま~る高島平に某雑誌の取材が入りました。運営部長、入居者がインタビューを受けました。 入居者Tさんは入居されて1年2ケ月。実際にゆいま~るで住んだからこそわかることを率直に答えていただき …

最近の記事

株式会社コミュニティネット

Copyright © Community Net Inc.
TOP