お知らせ

ゆいま~る高島平が「2018年度グッドデザイン・ベスト100」に選ばれました

投稿日:2018年10月3日

初めての分散型サービス付き高齢者向け住宅であることを評価されて、ゆいま~る高島平が「2018年度グッドデザイン・ベスト100」に選ばれました(2018年10月3日に公益財団法人日本デザイン振興会が発表)。

2018年度グッドデザイン賞は応募数4,789件を対象に審査を実施して1,353件の受賞が決定し、この中から、独自性、提案性、審美性、完成度などの面において、今日のデザイン水準を高めるに相応しく、これからのモデルとなるデザインとして位置づけられる「グッドデザイン・ベスト100」の100件が選ばれました。

受賞企業は弊社(株式会社コミュニティネット)と、設計管理を担当した株式会社プラスニューオフィス(一級建築士事務所)です。以下のような審査委員の評価をいただきました。


団地内で進行する高齢化、家族の小型化といった重い社会課題に対して、針治療のように柔軟に対応する手法が評価された。また、肝心の住空間についても、気配が共用廊下に伝わるような配慮がなされている。たとえばそれは、玄関を大きく取って共用廊下側の開口部が有効に機能するようにしたり、南北を大きな空間で繋いだり、というところに現れている。このような取り組みが様々に展開され、また情報交換されることで、建築デザインが社会課題に関わろうとすることが肝要である。


*ゆいま~る高島平受賞の詳細はこちら

*「2018年度グッドデザイン・ベスト100」の一覧はこちら

*グッドデザイン賞の詳細はこちら

-お知らせ

関連記事

no image

5月4日付東京新聞「発言」欄の投書に対するご報告 

すでにご報告しましたように2017年5月4日付東京新聞夕刊に、分散型サービス付き高齢者向け住宅(以下「分散型サ高住」)に関する読者(当住宅の入居者)からの投書が掲載されました。当社が運営する「分散型サ …

中日新聞と東京新聞で「ゆいま~る大曽根」が紹介されました

2017年4月13日付の中日新聞および東京新聞に、「団地利用の分散型サ高住(下)」と題して、ゆいま~る大曽根が紹介されました。前日の2017年4月12日付の記事「団地利用の分散型サ高住(上)」では、ゆ …

地域プロデューサーの声「望んでいたライフスタイルがこの地にあった 」

私が望んでいたライフスタイルがこの地にあった 山中敏枝(山梨県都留市の地域プロデューサー、60歳) Q:都留市ではどのようなお仕事をされていますか。 山中:着任してからまず取り組んだのは、都留市役所の …

最近の記事

株式会社コミュニティネット

Copyright © Community Net Inc.
TOP