お知らせ

ゆいま~る中沢でのセミナーのおしらせ

投稿日:2013年5月8日

【セミナー】
認知症になっても地域で豊かに暮らし続けるために

2013年6月1日(土)午後2時~3時30分

自宅で住み続けられる事を支えるためには本人、医療・介護の専門家、家族、知人などの各々の立場での正しい知識とサポートが重要とされています。
認知症でも住み慣れた地域で暮らし続けるための心構え、また、サポートの仕方など、基本的なところを学んでみませんか?

■講師:石黒秀喜さん(一般財団法人 長寿社会開発センター審議役)
■参加費:無料
■定員:40名
■会場:ゆいま~る中沢 4階ホール

石黒秀喜(いしぐろ ひでのぶ)さん
元厚生労働省大臣官房参事官。老いてどのような時間の使い方をして、どのような住まい方をして、どのような人生の閉じ方をするのか、自分が認知症になった時のために備え「上手に老いるための自己点検ノート」を作って“自己防衛のすすめ”を提唱。「老い支度」に関する講演など、多方面で活躍。

【セミナー】
「プライマリ・ケア」って何…?自分にあう主治医の見つけ方!

~身近な地域で適切な医療を受けるために~

2013年6月19日(水)午後1時30分~3時

「プライマリ・ケア」とは、簡単に言うと
「身近にいて、お子さんからお年寄りまでの“さまざまな健康問題”について“何でも”、“気軽に”、“真っ先に”相談できる医療」のことです。
風邪を引いた、じんましんが出た、どうも最近更年期障害では…?がんの末期だが住み慣れた自宅で余生を過ごしたい…。
といった様々な悩みを相談できる“あなたの主治医”を持つことが大切です。
主治医は専門家の診察や検査が必要なとき、適切な先生を紹介します。でも、「そもそも自分にあう主治医って?」と悩まれる方も多いはず。
『プライマリ・ケア認定医』、『日本プライマリ・ケア連合学会・監事』で今年8月に開院する「あいクリニック中沢」の院長に着任される亀谷さんに、主治医選びのポイントと、私たちの心構えをわかりやすくお話いただきます。

■講師:亀谷 学さん(あいクリニック中沢(8月開院)院長)
■参加費:無料
■定員:40名
■会場:ゆいま~る中沢 4階ホール

亀谷 学(かめがい まなぶ)さん
プライマリ・ケア認定医、日本プライマリ・ケア連合学会監事、聖マリアンナ医科大学客員教授(専門:循環器科を含む総合診療科)、川崎市立多摩病院前院長。「幅広く患者さんの悩みに親身に応える診療」を実践中。

セミナーのチラシをご覧になりたい方はこちらをクリック

*いずれも事前予約が必要です
■申し込み先:0800-800-7037(ゆいま~る中沢 入居相談室)
■HPからのセミナー申し込みはこちら
共催:社団法人コミュニティネットワーク協会・株式会社コミュニティネット

-お知らせ

関連記事

no image

NHK『かんさい熱視線』で紹介されます!

【放映日】:11月22日(金) 【 番組名 】  NHK『かんさい熱視線』 (※近畿2府5県での放送です) 【放送時間】 午後7時30分~7時55分 〔総合テレビ〕 【主な内容】 安心して老後を暮らす …

no image

天翁会主催対話集会:どうする?末期癌の余命宣告を受けたら

ゆいま〜る聖ヶ丘の協力医療機関である医療法人財団・天翁会による講演会が開催されます。 天翁会は新天本病院やあいクリニック、あいセーフティネットなど展開する多摩地域における高齢者医療・ケアのパイオニアで …

ゆいま〜る那須・第24回マロニエ建築奨励賞を受賞

ゆいま〜る那須が第24回「マロニエ建築奨励賞」を受賞しました。10月10日、マロニエ建築賞表彰作品について記者発表が行われました。11月7日(水)には、栃木県庁にて表彰式が行われます。 第24回栃木県 …

最近の記事

株式会社コミュニティネット

Copyright © Community Net Inc.
TOP