お知らせ

3月1日から「ゆいま~る大曽根」第2期30戸の募集を開始

投稿日:2018年3月1日

3月1日から「ゆいま~る大曽根」第2期30戸の募集を開始
総計70戸の日本最大規模の分散型サ高住
1階の300坪コミュニティスペースも3月31日オープン

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を中心とする「ゆいま~るシリーズ」を全国展開している株式会社コミュニティネットは、シリーズ第10弾目として昨年(2017年)秋にオープンした分散型(注) サ高住「ゆいま~る大曽根」の第2期30戸の募集を開始します。第1期40戸と合わせて総計70戸となり、日本最大規模の分散型サ高住となります。
注)分散型サ高住:団地に点在する空室を改修したサ高住。当社がゆいま~る高島平で先鞭を付けた形態です。

ゆいま~る大曽根は、愛知県住宅供給公社と定期建物新貸借契約を結び、名古屋市北区の「大曽根住宅」内に分散する空き家をリノベーションしてサ高住としたものです。新築ではないのでコストを抑え、49.95㎡(PS含む)の1LDKが家賃6万円台からという低価格を実現しました。

第2期の入居は7月スタート
そして本日(3月1日)から、7月に入居が始まる第2期30戸の募集を開始します。月曜火曜を除く週5日、1日3枠(10時半~、13時~、15時半~)の見学会を設定します(第2期の間取りは第1期とほとんど同じなので、第1期の空室をご覧いただきます)。

地域に溶け込んで自由度の高い生活を楽しむ
ゆいま~る大曽根は1棟まるごと高齢者向けの住宅と違って、隣室には子育て中の一般家庭が生活しているような、地域に溶け込んだ環境で暮せます。すでに1期分に入居された方は、「自由度が高いので決めた。ここなら何時に寝て、何時に食事をしても自由。男性のひとり暮らしも快適です」(75歳、男性おひとりさま)、「元気だし一人暮らしでも大丈夫だと思っていたけれど、入居を決めたらとても気持ちが楽になった。10年後の不安もなくなりました」(69歳、女性おひとりさま)、「夫、義父を看取り、今度は自分のために暮らしたい。気分も一新、元気になり、ゆいま~るの生活を楽しんでいます」(72歳、女性おひとりさま)と、前向きな新しい生活が始まっています(詳しい紹介はこちら)。

わっぱの会が運営する「ソーネOZONE」は3/31オープン!!
ゆいま~る大曽根の1階には、スタッフが日中常駐するフロントがあります。そしてその並びには、わっぱの会が企画・運営する約300坪のコミュニティスペ
ース「ソーネOZONE」が3月31日にオープンします(「しげん買い取りセンター」「わっぱん販売」「カフェレストラン」「多目的スペース」「地域サービス相談センター」が入る)。先行オープンしている「しげん買い取りセンター」は大好評で、おかげでフロントの前の人通りも増えています。

明日のメ~テレ(名古屋テレビ放送)「UP!」で放映予定
こうしたゆいま~る大曽根の取り組みは、新聞記事やテレビ番組にも取り上げていただきました。メ~テレ(名古屋テレビ放送)は引越しや暮らしの様子などを長期密着取材し、その映像が明日金曜日(3月2日)の「UP!」で18時頃から放映される予定です。


ゆいま〜る大曽根へのお問い合わせ
〒462-0810 愛知県名古屋市北区山田二丁目11番62号 大曽根併存住宅1棟1階
フリーダイヤル:0120-155-273


-お知らせ

関連記事

no image

NHK放送大学の公開講座11•18にゆいま~る那須・ハウス長が講師

ゆいま~る那須からお知らせです。11月18日に宇都宮市の図書館でNHK放送大学の公開講座「~縮退社会におけるまちづくりを考える~高齢期の住まいと暮らし」が開催されます。コーディネーターは宇都宮大学教授 …

<<「ゆいま~る大曽根」入居予約者のプロフィール>> 4割以上は名古屋市外から一人で転居、 要介護や要支援の方も安心・自由な都会暮らしを求めて

ゆいま~る大曽根にどのような方が関心を持っていらっしゃるか、2017年7月上旬時点での入居予約者のプロフィールを中心にまとめてみました。まだ引越しができる体力・気力があるうちに、都会生活を楽しめて、か …

no image

新年明けましておめでとうございます

昨年を振り返ってみますと、大阪や北海道で大きな地震や、大型台風・集中豪雨など自然災害が多い年でもありました。もともと自然災害の多い日本ですが、今年は地震や台風などの災害が少ない年でありますようにとお祈 …

最近の記事

株式会社コミュニティネット

Copyright © Community Net Inc.
TOP