未来を創る

株式会社コミュニティネット
代表取締役社長 高橋英與

代表取締役社長 高橋英與

私たちは今、 とても厳しい時代のまっただ中にいます。 2025年には、 団塊の世代がみんな75歳以上の後期高齢者になります。

超高齢化と医療・介護の危機、家族や地域の崩壊、格差社会、教育問題、グローバル化、ナショナリズムなど、 この国のありようを根底から揺るがしかねない事態が進んでいます。

歴史的な視点にたってみれば、 右肩あがりの高度経済成長はごく短期的な出来事だったのです。 私たちは今、 足元を見つめなおし、自給自足的な暮らしや環境を大切にすること、齢を重ねても社会参加ができるようにすること、お互いに支えあうことなどが求められています。

人生の価値は、 お金やモノではなく、 人とのつながりの中にあります。

人の痛みがわかる感性、生活感覚を大切にするまなざし、 そして、 社会の変化に柔軟に対応できる力が社会をよりよいものにする原動力です。 知恵は、 話し合うことから生まれます。

あなたが、 喜びを感じるのはどんなときでしょう。

昨日の自分より今日の自分の方が成長したと感じたとき、 誰かの役にたてたと思えたとき、自分が必要とされているのがわかったとき、そのとき、喜びは希望へと変わります。

矛盾だらけの社会をそれでもおもしろいと感じて、 面倒くさいことを楽しみ、 バーチャルではなくリアルな人間関係を築きながら 「未来を創る」。それが私たちの使命です。

コミュニティネットは、 高齢者住宅「ゆいま~るシリーズ」の開発や入居相談、運営をひとつの「入り口」としながら、医療や介護のセーフティネットのある暮らしや、 子どもも、障がい者も、若者も、多世代が共生する自立的コミュニティづくりを進めています。事業を通して、 この国が直面する課題を解決し、世の中に貢献することを目指しています。

中心軸となるのは、 地域で夢や希望をつくりあげていく「地域プロデューサー」です。地域プロデューサーとは、「こうしたい」 というイメー ジに向けて、 さまざまな人に会って話を聞き、あるときは行政と交渉し、 資金を調達します。 人と人をつなぐ役割も担います。つないだ力を掛け合わせ、 そのトータルのエネルギーが一定の量を超えたとき、 コミュニティは動き始めます。

理念に費同してくれる企業やNPO、個人と共に、日本とアジアの1000ヵ所でコミュニティづくりを展開していきます。

株式会社コミュニティネット

Copyright © Community Net Inc.
TOP