株式会社コミュニティネット

まち、住まい、ひと。住むひとの目線で、暮らしをトータルサポート。

ゆいま〜る多摩平の森ブログ

2017年03月06日

プレゼントつくり♪

4月にハウスのお向かいに新しく保育園が開園します。
「園児たちへのプレンゼントを作ろう!」と、
お裁縫好きの皆さんが集まりました。
DSCN6506

はぎれを持ち寄り、切って、縫いあわせてお手玉作りのスタートです。
先生役は、裁縫上手なYさん。
お手玉の中身はビニール袋です。これだと破けても中身がボロボロ
出てきませんし、投げ合っても痛くありません。
触ると「カシャカシャ」となる音も楽しんでもらえるのではないでしょうか♪
久しぶりのお裁縫の方も多いようでしたが
体がしっかり覚えていらっしゃるようで
楽しくおしゃべりしながら作りました。
DSCN6505

「これを縫い合わせて、最後の一辺になったら、
小豆の代わりにビニル袋をくしゃくしゃにして入れ、ここをくけるの。」と。
「くける??」スタッフの私はわかりませんでした。
恥ずかしながら「くけるって何ですか・・?」
「こうやって縫うのよ。」と、教えてもらいました。
手元を見ずに針がさくさく進む方も。

何度か集まり、手作りお手玉80個が完成!
Yさんは「この手紙も添えてもらえたら・・・」と。
DSCN6511
「これで終わるのもったいないわね。」と。
「次はサッカーボールはどう?」と。
Yさんが黄色と黒の布と、6角形と5角形の型紙を
取り出してきてくださいました。
「子どもたちが喜びそう!」と。
裁縫の難易度は上がりそうですが、
「脳トレね~」と楽しそうな声が。

プレゼントづくりをきっかけに、楽しい会がまたひとつ始まりそうです。

コメントはこちらから


それぞれのゆいま〜る

お問い合わせ