株式会社コミュニティネット

まち、住まい、ひと。住むひとの目線で、暮らしをトータルサポート。

ダメダメ社長ブログ

2016年10月24日

しごとの哲学【1】 前倒しで進めることの意味

こんにちは、高橋英與です。

しばらく当コラムのアップがされませんでしたが、この間、世の中もコミュニティネットも大きく動いており、当社が進める事業のひとつである地方創生も正念場を迎えています。われわれコミュニティネットは中小企業ですが、地方創生に関する業務が増え、しばしばスタッフのマンパワーを超える量になっています。当然、スタッフはあくせく働いているのですが、そんな彼らを見て、ぼくはときどき思ってしまいます。「もっと真面目に仕事をやればいいのに」と。それを口にすると、言われた側は気色ばみます。「自分は休みも返上して頑張っているのに」とか「私の努力を社長は認めないのか」とか。あげくは「こんな会社、辞めてやる!」までいってしまう。ちょっと待ってください。img_5190

ぼくはスタッフが仕事をさぼっているなどとは思っていません。与えられた課題に一生懸命取り組んでいることも知っています。ただ、仕事というのは、へとへとになりながらやる類のものなのかと疑問に思ってしまうのです。

疲弊してしまうのは、仕事の全体像をつかんでいないまま業務を進めるからです。当社が全国各地の市町村で取り組んでいる地方創生事業に関していえば、いま日本の地方が直面している共通の課題は、人口減少、高齢化、経済成長の鈍化です。そして、これらを解決するための手段として、人口減少には移住、高齢化にはサービス付き高齢者住宅の整備、地域包括ケアの確立、経済成長の鈍化には商店街の再生が挙げられます。

それらの課題を解決するのはどうしたらいいか。まずは「仮説」を立てます。たとえば、移住については、多くの自治体が、若い子育て世代の受け入れを望んでいますが、首都圏住民のニーズは、「まだまだ元気なので仕事をしたいが、都会では求人がなくて困っているシニア層」にあるのではないか、という想定の上でヒアリング調査を進めるのです。

仕事を始める時点でゴールを設定する。そうすれば全体の構造が見えてくるでしょう。仕事のスケジュールを逆算することも可能になります。現時点で自分の立ち位置が見えれば、いくら仕事をこなしても先が見えない「どこまで続くぬかるみぞ」といった状況は避けられるはずです。img_5174

その次にすべきは作業をどんどん前倒しで進めること。それによって、今後の作業の途中で発生しうる問題を事前に想定できます。仮説が間違っていることが早めにわかれば、新しい仮説を立て直せばいい。その繰り返しがなく、ひとつの仮説で進んでしまった結果、最後の段階でそれが正しくないことがわかった、どうしよう? という状態を想像してみてください。

地方創生事業における報告書作成を例に挙げれば、締切り前に目次立てをし、すべて書き上げてしまう。まだ行っていない現地調査などについては空欄にしておいて、後で加筆すればいい。大事なのは書き上げてしまうこと。全体像をつくって、クライアントである自治体へ事前に提出しておけば、先方の意図とこちら側の考えのズレがあらかじめわかるので修正は容易です。

仕事を前倒しで進めるというと、作業量が増えると思われるかもしれません。しかし、プロジェクト全体を俯瞰できていれば、対処療法的な作業をしないで済む分、費やす時間は短縮されるはずなので、その時間は自分の勉強に充てましょう。疲弊をすることなく、自分のレベルアップにつながります。一挙両得ではありませんか。

コメントはこちらから


プロフィール

(株)コミュニティネット
代表取締役社長 高橋英輿
sample
1948年
岩手県花巻市生まれ。
(株)CAOS建築設計勤務の後(株)連空間設計を設立し代表取締役就任、コーポラティブハウスづくりを手がける。
1983年
任意団体生活科学研究所を設立、代表に就任。
現在はNPO生活科学研究所の理事。
1987年
株式会社生活科学研究所を設立し、高齢者住宅や有料老人ホームづくりに本格的に携わる。
1988年
社団法人長寿社会文化協会常務理事事務局長に就任(翌年退任)。
1998年
生活科学運営代表取締役就任。
2001年
(株)生活科学研究所を(株)生活科学運営に一本化。
2003年
社団法人コミュニティネットワーク協会常務理事就任。
2005年
株式会社生活科学運営の経営を若手に移行し名誉顧問となる。
2006年
株式会社コミュニティネット 代表取締役に就任。
社団法人 コミュニティネットワーク協会副理事長就任。
2008年
株式会社生活科学運営 名誉顧問 退任。
2011年
社団法人 コミュニティネットワーク協会 副理事長 退任。
2012年
~ 現在に至る

最新の記事一覧

2017年04月10日
北風と太陽 ~仕事のモチベーションをいかに上げるか~
2017年02月24日
お寺と地域づくりを
2017年01月04日
新年のご挨拶
2016年10月24日
しごとの哲学【1】 前倒しで進めることの意味
2016年05月21日
自治体をめぐって考えたこと、気づいたこと

月別アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

お問い合わせ